2010年3月31日水曜日

日本の若者は高齢者の奴隷

JCASTニュース 「日本の若者は高齢者の奴隷だ」http://www.j-cast.com/2010/03/16062340.html

前々からずーっと書きたいと思っていたけど、長くなりそうだから手を出さずにいた題材。

今日ニュースで見つけてびっくり。マンガになってるらしい。
まだ読んでいませんが、たぶん私が言いたい内容が相当含まれていると思う。



2010年3月30日火曜日

適正在庫を維持する理由

明日は薬価改正前最後の日。必要以上に在庫を削ると欠品の恐れがありますが、適正在庫くらいには減らさないといけない。できれば普段からやっておかないといけないんですが^^;

ところで、「適正在庫を維持する理由」って何でしょう?

2010年3月22日月曜日

『ザ・ゴール』読んでみた

同僚に薦められて読んでみたので紹介します。



主人公はとある田舎町の工場を取り仕切る工場長。ある日上司に、工場を閉鎖すると告げられる。閉鎖を回避するには工場を立て直すしかない。猶予は3ヶ月。
そのとき彼が行ったことは?


普通に小説としても楽しめる良書。
舞台は工場ですが、他の職種でも応用できる考え方だと思う。

”作業経費”であるコスト削減は二の次で、”スループット”の向上を第一とする。
第二は”在庫”の削減。

熱力学でいうところの律速段階である”ボトルネック”を見つけ、それを中心にラインを再構築すること。”ボトルネック”で失われた時間は、工場全体の時間が失われたことと同義。
などなど。


本当かどうか怪しいですが、”部分最適化”の得意な日本人が”全体最適化”をこの本で習得してしまうと貿易摩擦が再燃し、世界恐慌が起こる。故に日本語版が長らく出版されなかった・・・らしい(笑)

2010年3月20日土曜日

停電情報を提供しない電力会社

本日7時台、我が家近辺で停電
いつから停電していたのか不明だが、隣のパン屋さんはパンが焼けてなかったもよう
近所のおば様方が家の外でザワザワ


2010年3月19日金曜日

一包化加算 新旧比較

前回の2.一包化加算について訂正


一包化の点数は7日分ごとに89点(旧)→30点(新)
で、大幅マイナスかと思っていたが
ひょっとしたら内服調剤料を取りつつ、一包化加算がプラス
という形なんだろうか?

そうだとしたら剤数によっても違ってくる
それぞれのパターンと、旧一包化を表にしてみた↓
(クリックで拡大)




















さらに、自家製剤加算はどうなるんだろう?
今までは一包化と、どちらかしか取れなかったが
今後、両取りできるんだろうか・・・?

→できないようです

2010年3月18日木曜日

医薬品メーカーの裏の顔

医薬品メーカーのやり方には、ほとほとうんざりさせられることが多い
何も知らない人は、「薬を作って病気の人を救っているいい会社だ」と思っていることだろう
もちろんそれは事実だ
正当な手段での儲けは奨励されるべきだし、再投資によってさらなる社会貢献が可能
だが、中には納得できない手段も含まれている
薬局薬剤師から見た、医薬品メーカーの裏の顔を紹介しよう


2010年3月5日金曜日

医療業界におけるコモンデータベースの有用性

大前研一さんの提唱する”コモンデータベース”
大前研一「ニュースの視点」blog
http://www.ohmae.biz/koblog/viewpoint/index.php


医療業界における有用性をまとめてみた