2012年6月30日土曜日

2012年6月に読んだ本

No139『ウォール街のランダム・ウォーカー』Burton Malkiel著 今更ながら名著を読了。結局は「余計なことをせず、インデックスファンドを買い続けろ」ってことね。一応私もインデックス投資家ですが、タイミング・ペナルティと機会ロスが大きいかも。現金比率下げようかな。


No140『円高の正体』安達誠司著 日銀のマネタリーベース供給量が少なすぎるのが円高の原因という内容。確かに。為替介入なんて一時の需給を崩してるだけで、長期で見ると供給量が少ない通貨が高くなるのは当然。しょぼい緩和しか実行ない日銀総裁には一体どんな狙いがあるんだろうか。


No141『個人事業主のための青色申告と節税がわかる本』野瀬大樹裕子著 ちょっと初心者向けすぎた。簿記取ってれば全部知ってる内容だけど、ケーススタディとしてさらっと読み飛ばすといいかも。個人事業主の8割は赤字とか(笑)


No142『フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました』きたみりゅうじ著 良書。全フリーランス必読。対話形式なので読みやすく、著者がまんが家だけあってテンポもよく面白い。チャプターごとに挟む4コマ漫画も秀逸。


No143『フリーランスのための超簡単!青色申告』塚田祐子著 サボテンの使い方にセンスを感じないけど内容は普通。確定申告まで解説してるのが親切。申告用ソフトを初年度無料提供してるけどWin&Excelに限定が残念。シェアウェアって懐かしいな(笑)


No144『7つの制約にしばられない生き方』本田直之著 時間、場所、人、お金、働き方、服装、思考の7つ。バブル時代の生き方を踏襲すると必然的にそれらすべての制約を受ける。今まではそれでも高年収が期待できたが、今やそれもなく。新しい生き方の提唱、激しく同意。また改めてまとめます。


No145『もう「いい人」になるのはやめなさい!』潮凪洋介著 よく「いい人」と言われるけど結局「都合のいい人」だなぁどうなんだろと思って読んでみた。が、DOM臭ハンパない。電車で読むのが憚られるレベル。でも参考になる点もあったので一部取り込み。

2012年6月29日金曜日

取引卸の合理化

大手薬局チェーンに勤めていて「そんなの本部が決めた帳合通り発注するだけだよ」という人には関係のない話ですが、中堅から零細の薬局に勤めていて現場の裁量がある程度認められている場合の、取引卸の合理化について。


1.値引率が悪いところは切る
2.値引率以外の条件を比較
3.最も条件がいい卸に取引を集中

2012年6月25日月曜日

空白の2年終了後、就職&転職市場は?

J-CASTニュース
薬学部の就活「この世の春」「6年制特需」ドラッグストアが積極採用


2年ぶりに薬学部の卒業生が社会に出てきていますね。「空白の2年間」が終わり、ほどなくして薬剤師冬の時代がやってくる…と、言われていますが、はたしてどうでしょう?
私の予想をQ&A方式で書いてみました。

2012年6月22日金曜日

パキシルCR錠が発売 押さえるべきポイント

グラクソスミスクライン(以下GSK)社より、パキシルCR錠が発売。
薬価は12.5mgが105.6円、25mgが184.7円。
発売後すぐに長期投与が可能。
添付文書はこちら(PDFファイル)

パキシルCR錠の発売日とパキシルの後発品の発売日が、共に本日。
日本全国で争奪戦が繰り広げられていることでしょう。

さて、パキシルCR錠の押さえておくべきポイントは3つ。

2012年6月19日火曜日

イドメシンゲル・クリームに新包装発売

1ヶ月前の情報ですが
興和創薬
イドメシンコーワゲル1%・クリーム1% 新包装(ラミネートチューブ)発売
http://www.kowa-souyaku.co.jp/medical/product/inform/market/idgc_1204.pdf


らしいです。
従来の25gチューブと50gチューブの販売も継続。
新包装のラミネートチューブはなぜか35gと70gとのこと。

こういうの本当にやめてほしい。製薬会社もセコいことするなよ!
参考記事:製薬会社の不当な儲け方

35gや70gで処方箋がきたら、病院に電話して25gか50gか75gに変更してもらおうと思います。