2013年12月30日月曜日

2013年12月に読んだ本13冊


ボクには世界がこう見えていた―統合失調症闘病記 (新潮文庫)
小林 和彦
新潮社 (2011-10-28)
売り上げランキング: 13,391


「Chikirinの日記」の育て方
ちきりんブックス (2013-11-26)
売り上げランキング: 71




マンガでやさしくわかるNLP
山崎 啓支
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 3,444


入門の金融 投資信託のしくみ
糸島 孝俊
日本実業出版社
売り上げランキング: 23,616


統計でウソをつく法―数式を使わない統計学入門 (ブルーバックス)
ダレル・ハフ
講談社
売り上げランキング: 6,046


正しく知る地球温暖化―誤った地球温暖化論に惑わされないために
赤祖父 俊一
誠文堂新光社
売り上げランキング: 18,288


不都合な真実 ECO入門編 地球温暖化の危機
アル ゴア
武田ランダムハウスジャパン
売り上げランキング: 363,745


理系の子―高校生科学オリンピックの青春
ジュディ ダットン
文藝春秋
売り上げランキング: 8,922


MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
クリス・アンダーソン
NHK出版
売り上げランキング: 576


共感する女脳、システム化する男脳
サイモン・バロン=コーエン
NHK出版
売り上げランキング: 162,675


経済ってそういうことだったのか会議 (日経ビジネス人文庫)
佐藤 雅彦 竹中 平蔵
日本経済新聞社
売り上げランキング: 2,863


なぜ、結婚はうまくいかないのか? (ディスカヴァー携書)
ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013-09-20)
売り上げランキング: 15,308

2013年12月27日金曜日

NISAより確定拠出年金(401k)の方がよくね?



さて、日本版ISAことNISAが間もなく始動ですね。猫も杓子もニーサニーサ言ってんじゃねーぞ。え、言ってない?すいません。

以前から何度か書いているように、私はNISAに対してあまり良い印象は持っていません。NISAはインデックス投資の暴落時リレー投資先としてどうか?で書いた通り使えなくもないと思っていましたが、外国税額控除が使えないらしくどうやらこれも微妙。使い道ないじゃん…

ということで、以前からある投資に対する非課税制度として確定拠出年金(以下、401kと記載)に着目してみました。それぞれのメリットとデメリットを比べてみます。

関連記事:日本版ISA(NISA)は得られる非課税枠より奪われる非課税枠の方が大きくなる可能性もある

2013年12月25日水曜日

大包装しかない医薬品を大量に使用している大型店舗から、小型店舗に少量送るのは合理的か?


薬局での医薬品店舗間移動で押さえておくべき7つのポイントの続き。

大型のA店と小型のB店。
必要な品目は、例えばラックビー微粒N。1008包入りの大包装。
A店は月に一箱近く使い、B店で新規に処方が来て84包必要。
A店とB店はある程度離れていて、徒歩での移動は不可とする。

この前提において、表題の件について考えてみましょう。

2013年12月23日月曜日

薬局での医薬品店舗間移動で押さえておくべき7つのポイント

複数店舗をもつ薬局チェーンに勤務している薬剤師の重要な仕事のひとつ、店舗間移動。振替と言ったりもします。要するに不良在庫の嫁入り先を探す仕事ですね。

毎日行う業務ではなく、だいたい四半期に一回ないし半年に一回まとめて行うことが多い。棚卸前や薬価改正前なんかはラッシュです。(前者は数える手間を省くため、後者は実損を避けるためです。)

関連記事:棚卸前に在庫を減らす必要はありません

この業務を行う際に、押さえておくべきポイントを7つにまとめました。順番にチェックしていきましょう。

2013年12月20日金曜日

残薬確認後の疑義照会で処方変更があれば重複投薬・相互作用防止加算を算定しよう

平成24年度の改訂以来、薬局での”残薬確認”が実質義務化されています。

47news 残薬「確認受けた」24% 患者と薬剤師の認識に差
http://www.47news.jp/feature/medical/2013/02/post-826.html

薬剤師と患者の認識の差には開きがあるようですので、この溝を埋めるべく薬局薬剤師が患者への残薬確認に意欲的に取り組もうと思えるインセンティブをご紹介。

2013年12月18日水曜日

サンコバ点眼液が遮光保存じゃなくなりました

サンコバ

先日、サンコバ点眼液を開けてビックリ。いつもの遮光袋じゃない!

最初は「さては製造工程で入れ間違えたな〜珍しいこともあるもんだ」と思いましたが、小袋に同梱されている説明書きを見るとそうでもなさそう。

どうやら遮光保存じゃなくなったようです。どういうことなのか、すぐにDIに聞いてみました。

サンコバ点眼液0.02% 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/300237_1319710Q2078_1_03.pdf

2013年12月16日月曜日

医薬品の流通過程での消費税のかけ方がオカシイ件


何度か書いていますが、改めて。医療業界における七不思議のひとつ(と個人的に考えている)医薬品の消費税問題。

簡単に言うと、100円の薬を90円で売っていたのに消費税率が上がると仕入が101円になったりする”逆ざや”が起こり得る、という問題。


原因は”非課税”などではなく”流通過程での消費税の二重課税”です



こう書くとガソリンのように国が二重課税しているように聞こえますが、実際には流通過程の計算方法に問題があります。

なお、”非課税”というカテゴリは金融・会計クラスタで何かと物議を醸していますが、ここではあえて割愛。それ以前の問題だからです。

関連記事:薬価の消費税上乗せ分を明細書に表示することによる棚ぼた効果

2013年12月13日金曜日

医療は国営化&無料化すべきでは?その2

医療は国営化&無料化すべきでは?その1の続き。

2013年12月11日水曜日

医療は国営化&無料化すべきでは?その1

日本国憲法第二十五条 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

健康の要素のひとつである医療は、医師による医療法人が経営する病院・診療所や、株式会社が経営する調剤薬局など民間が担っています。公営の病院を除いて税金の補助があるわけではないので、支出は収入の範囲内に抑えねばなりません。

ゆえに「お金はないけど風邪ひいたから診てくれ薬もくれ」は不可能です。

「これは違憲だ!」とまで言うつもりはありませんが、その他の事情を鑑みても、私は「医療は国営化&無料化すべき」だと思っています。

スマイルBEST シッコ スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D) (2009-10-23)
売り上げランキング: 3,840

2013年12月9日月曜日

「調剤技術料って何?つめるだけでしょ!」と拒否されたら

先日、久しぶりにタイトルのようなことを言う患者と対峙しました。

医薬分業の認知度もだいぶ高まり、もう今更そんなこと言う人なんて…と思っていましたが、まだいるんですね。こうした患者への対策と、調剤技術料の意義、あるべき姿について軽く書きます。

なお、ここで言う調剤技術料とは、調剤基本料や調剤料、時間外加算などなど、調剤報酬全般を指します。

2013年12月6日金曜日

政治的正しさと真の正しさの間の埋められない溝

政治的正しさ(political correctness、略称PC)という言葉があります。私の嫌いな言葉のベスト5入りしそうな単語です。

イメージ的には「世間で正しいとされていること」ですが、こうした正しさと真の正しさには大きな溝があり、埋めることは不可能です。

例を挙げます。

2013年12月4日水曜日

ヘパリン類似物質って何!?

ヒルドイド

保湿目的で皮膚科にてよく処方される、マルホのヒルドイド。成分は”ヘパリン類似物質”とのことですが、コレ何なんでしょ?

ヘパリンといえば抗凝固薬で血栓塞栓症などに用いられますが、どうにも関係なさそうです。ということでMRとDIに聞いてみました。

ヒルドイドソフト軟膏/クリーム/ローション 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/730155_3339950M1137_1_02.pdf

2013年12月2日月曜日

消毒用アルコールの価格がずいぶん違う件


消毒用エタノール「ケンエー」 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/260024_2615703X1450_1_03.pdf

薬局で何かと使う消毒用アルコール。こんなやつですね。
薬価が1.54円/mLなので、1本で770円もします。

やたら高いですよね。これ、実は酒税のせいです。
ちょっと計算してみましょう。