2014年1月31日金曜日

2014年1月に読んだ本11冊


リーン・スタートアップ
リーン・スタートアップ
posted with amazlet at 14.01.29
エリック・リース
日経BP社
売り上げランキング: 1,494

2014年1月29日水曜日

2014年(平成26年)4月診療報酬改定(案)7つのポイント

今のところあくまで改定案ではありますが、現時点での重要なポイントをまとめておきます。薬局薬剤師の方は参考にしてください。

また、最近話題の以下文章にも目を通しておいた方が、方向性が理解しやすいかと思います。

薬局の求められる機能とあるべき姿
http://www.jsphcs.jp/cont/14/0107-1.pdf

2014年1月27日月曜日

患者との間に必要な距離感 厚かましい患者に注意

中国人の面の皮―彼らに脈々と流れる「厚黒」の思想
若宮 清
祥伝社
売り上げランキング: 839,012

なにごとも距離感って大事ですよね。

普段からそう思って仕事に挑んでいるんですが、先日「やっぱりそうだなぁ」と再認識するに至ったのでまとめました。みやびです。

「地域密着」とか「患者さんに必要とされる薬局」とか言うと聞こえはいいですが、あんまり張り切ると厚かましい患者に持って行かれますよという話を。

2014年1月24日金曜日

プレミネント配合錠が名称変更 既存品はLDで新発売がHD

プレミネント

配合錠のはしり、プレミネント配合錠が昨年末に名称変更していたようです。

プレミネント配合錠 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_2149110F1031_2_07.pdf

新しい添付文書は↓

プレミネント配合錠LD/HD 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/170050_2149110F1040_1_02.pdf

2014年1月22日水曜日

レセプトの返戻請求、取下依頼のやり方

何らかの理由(保険番号の誤りに気付いたときや、算定できない加算を誤って算定していたことに気付いたとき、主保険のみで請求したが公費持ちだったので請求し直したいなど)で、請求済みのレセプトを返戻してほしいとき。

返戻が来るのを待っていてはいつになるかわかりませんし、その間売掛金の回収も滞るわけですから、誤りに気付いた時点でとっとと返戻依頼をかけ、とっとと再請求しましょう。

返戻依頼?返戻請求?取り下げ依頼?正式に何と呼ぶのかわかりませんが(国保と社保でも呼び方が違う)ともかくやり方は以下の通り。

2014年1月20日月曜日

確定拠出年金における特別法人税の負担 vs 税控除メリット

確定拠出年金(通称401kあるいはDC)利用を躊躇う理由No1、特別法人税。現在は凍結に次ぐ凍結が続いていますが、もし解除されれば資産残高に対して1.173%課税されるので信託報酬が+1.173%されるのと同じという凶悪さ。

信託報酬0.何%でシノギを削っている昨今ありえない数字ですが、「税控除メリットがそれを補って余りある」という意見もあります。

本当にそうでしょうか?最初はよくても将来的には?
以下条件で試算してみました。

2014年1月17日金曜日

USBメモリで個人データを保存するのはもうやめよう!クラウド化で半永久保存&どこからでもアクセス

自宅にあるデスクトップPCに個人データをすべて格納していて、PC買い替えのたびにせっせとバックアップ。そんなスタイルを貫いている人はさすがにもう絶滅危惧種でしょう。

今やUSBメモリの容量がひと昔前のHDD(ハードディスク)並になり、動画や超高解像度の画像とかでない限りは、ほぼ問題なく大量に格納できます。


こんなやつですね。仕事で使うテキストやちょっとした画像くらいなら数年分ほど余裕で格納できそうです。

しかし、私はUSB格納派には賛成できません。その理由3つと、オススメサービスを3つ挙げ、私の使い方を紹介します。

2014年1月15日水曜日

死菌浮遊液って何!?

ポステリザン

強力ポステリザンやエキザルベの成分である、死菌浮遊液

穏やかならぬ名称の成分ですがコレ、一体何でしょうか?死んだ(殺した)菌を塗って何になるんでしょう?

強力ポステリザン軟膏 添付文書
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/ph/PDF/730155_2559808M1020_1_12.pdf

2014年1月13日月曜日

確定拠出年金(日本版401k)についてまとめてみた

正直やる気がなかったのであんまり知らない確定拠出年金(401k、DC)。ちょっと検討がてら調べてみたのでまとめておきます。趣旨としては「普通にインデックス投資をするのと比較してどうか?」です。

通常のインデックス投資は
税引後のお金で
利益に対してときには税金を払いながら殖やしていき
売却時にも税金を払う
確定拠出年金は
税引前のお金で(税控除が受けられて)
利益に対しても非課税で殖やしていき
売却時に初めて税金を払う

各段階でのメリットや支払うコストについて見ていきます。

2014年1月10日金曜日

薬局における社内人材による勉強会は無駄、外注しよう


メーカーが主催する勉強会のことを弁当会と揶揄する向きもあるようですが、みなさんの薬局では勉強会やってますか?みやびです。

メーカー主催の勉強会は新薬のプロモーションや接待を兼ねてのものになりますので予算が確保しやすく、勉強したい(&弁当食べたい)という薬局との利害が一致したwin-winの関係にあります。

対して一部の意識が高い会社では、社内人材による勉強会を主催していることもあるようです。これってどうなんでしょ?私は不要だと思っています。例によって3STEPにて。

2014年1月8日水曜日

今年こそ仕事ができる薬剤師に!個人的オススメ書籍8冊

新年からスタートダッシュ を切りたい薬剤師の方へ。私が今まで読んだ本の中から、これだけは絶対に読んでおけ、後悔はさせないと自信を持ってオススメできる本を紹介します。

薬剤師が対象ってことは、高血圧治療ガイドラインとか?はたまた 糖尿病治療におけるDPP4阻害薬の有効性とか?

いえいえ、そういうのは「仕事ができる薬剤師」になってから手を出すべき分野であり、その手の分野にいくら長けたところで「仕事ができる薬剤師」にはなれません。新卒など勉強大好きな若手薬剤師が陥りがちな罠で、そのままいくと「頭でっかちの仕事ができない薬剤師」です。

未熟なうちは、薬学的な知識は先輩上司同僚に頼っていいと思います。どの道一朝一夕では追いつけませんが、ここに挙げた本ならその気になれば1〜2ヶ月で全部読めます。それから追いかけても遅くないしその方が効率的ですよ。

2014年1月6日月曜日

2013年に読んだ87冊の本の中から選ぶオススメ10冊


年金問題は解決できる! ―積立方式移行による抜本改革
鈴木 亘
日本経済新聞出版社
売り上げランキング: 334,265


「反原発」の不都合な真実 (新潮新書)
藤沢 数希
新潮社
売り上げランキング: 16,755


僕たちはいつまでこんな働き方を続けるのか? (星海社新書)
木暮 太一
講談社
売り上げランキング: 5,783


権威主義の正体 (PHP新書)
権威主義の正体 (PHP新書)
posted with amazlet at 13.12.09
PHP研究所 (2012-04-06)
売り上げランキング: 35,309


ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち
ポール グレアム
オーム社
売り上げランキング: 6,556


働かないアリに意義がある (メディアファクトリー新書)
長谷川 英祐
メディアファクトリー
売り上げランキング: 4,710


なぜ女は昇進を拒むのか――進化心理学が解く性差のパラドクス
スーザン・ピンカー Susan Pinker
早川書房
売り上げランキング: 92,853


機械との競争
機械との競争
posted with amazlet at 13.12.09
エリク・ブリニョルフソン アンドリュー・マカフィー
日経BP社
売り上げランキング: 8,361


僕は君たちに武器を配りたい
瀧本 哲史
講談社
売り上げランキング: 1,093


医療にたかるな(新潮新書)
新潮社 (2013-09-20)
売り上げランキング: 5,028

2014年1月3日金曜日

2013年の投資戦績

昨年に引き続き、今年も投資戦績を公開します。もちろん金額は秘密なのでグラフと%でお楽しみください(^^;

なお、年平均リターンは修正ディーツ法にて算出。

計算式は

年平均リターン = (当期末時価総額 - 前期末時価総額 - 年間キャッシュフローの合計) / (前期末時価総額 + Σ(キャッシュフロー × キャッシュフロー発生から期末までの月数 / 12) )

以下参照。

第一生命 年金通信 P3
http://www.dai-ichi-life.co.jp/legal/nenkin_tsushin/pdf/index_06_010.pdf

2014年1月1日水曜日

2014年あけましておめでとうございます(ブログPV公開)


昨年はたくさんのアクセスありがとうございました。みなさんの仕事や家計管理、ガジェットライフのお役に立てていますでしょうか?みやびです。

当ブログ掲載の記事が、薬剤師向け某ニュースサイトやNAVERまとめなどに掲載されているのを見つけたり、読者からの質問や応援メッセージなどがお問い合わせフォームからちらほら来るようになり、大変励みになっております。ありがとうございます。

さて、恒例のブログ運営情報です。今年はついにPVを公開しちゃいます。